恋愛の悩み

20代の恋愛はどこかで結婚を意識しながらも、デートやファション、メイクを楽しみ、時に悩んだりしても先のステップとして簡単に乗り越えることが出来る楽しいものです。

30代に入ると経済的、精神的な面でも自分で自分の面倒が見れるようになり、男性に養ってもらいたいという気持ちよりも仕事をしている自分を愛してくれるか。
また、男性に尽くしたいという感情よりもお互いどうサポートしていくかという、大人な目線で接するので恋愛を純粋に楽しめないという悩みがあります。

その自立した考えのまま、これ以上自分を幸せにして入れる男性を求めると不倫や父親離れ出来ない良くない結果に...。

せっかく異性と出会っても、仕事や社会的な問題についての話題ばかりで、それはそれで楽しいけれど女性としての喜びや幸せを感じられず、気がつけば老けていく30代の恋愛はなかなか大変です。

自分の価値観もわかっているので、好みの食事やレジャーも偏りがち。
自分の知らない世界をどんどん広げていった20代と比べると、どうしても恋愛相手にも同じ価値観をもってほしいと思い過ぎて失敗することもあるのではないでしょうか。

相手の価値観を受け入れ、自分の価値観も認めてもらう30代の恋愛は男性よりも女性の方が大変かもしれません。

結婚の悩み

30歳を過ぎた頃から「好きだから一生貴方について行きます!」
という乙女な気持ちがだんだんと無くなっていくもの。

純粋な気持ちはもちろんあるけれど、収入や将来という現実的な問題を考えるとただ「好き」な気持ちだけでは結婚を考えられないのが本音です。

仕事をして、ファションを楽しみ、趣味を持つ自分の生活スタイルが、結婚という選択によって失われる、または変わってしまうことに女性が持つ結婚への悩みがあります。

仕事が順調で大きな仕事を任された女性が
「おこづかいをあげるから家事や身のまわりの世話をしてくれる主夫が欲しい」
と話していたことがありましたが、一緒にいた男性の意見を聞くと
「仕事の相談はしやすいけれど・・・」と彼女のことを語っていました。

男性も守ってやりたい、幸せにしたいという女性に対する思いがあるので、身長が低めでとても可愛い彼女は逆に仕事が結婚の邪魔をしていると思うぐらいでした。

別に結婚しなくても楽しく生活できるけれど、遠い先までずっとひとりで過ごすのかと思うと不安な気持ちになったりします。

また結婚願望がなくても周りの友達が結婚をして幸せそうにしている姿を見たときや、親からの結婚してほしいという言葉は女性には充実して生活している分、なんだか居心地の悪い状況です。

自分で選択し、責任を持って生きている女性がそういう世間や家庭の波で結婚を選択することも大人ゆえの悩みです。

結婚相手に求めること

仕事が充実している女性が結婚相手に求めることは白馬に乗った王子様ではなく、一緒の船に乗り、片方の櫂を漕いでくれる漕ぎ手のような存在です。

一生幸せな生活が出来るお城へ連れて行ってほしいと思う20代ではなく、社会に出て仕事をこなした女性ならば、普段嫌だと言っている仕事でも自分を支えてくれている大切な要素のひとつです。

お互いが同じ船に乗り込むため不必要な荷物を捨て、自分と相手が培ってきた荷物を乗せ、右と左の櫂を漕いで出発することが理想的な結婚と思う女性も多いと思います。

大きな船ほど嵐や波の被害も少なく、故障したときに修復できる知識や道具があれば安定した航海で景色を楽しめるように、結婚生活を楽しみながら過ごすには相手のお仕事や収入を考慮に入れなければなりません。

また仕事を持たない女性でも、自分の家族を大事に思ってくれるのかなど、特に親の気持ちも大切にしている方は多く、相手の男性の家族形態も気になるところのひとつです。

独りでも楽しめていた生活をもっと楽しく、穏やかな幸せを過ごせる40代に向かって一緒に進めるパートナー探しは30代の女性にとってフィーリングだけではなかなか結婚へ進めないことが多いのではないでしょうか。

30代で離婚した人からの学び

周りを見ると幸せそうな夫婦や家族がいる傍ら、離婚している人も多いです。

30代で離婚した理由は
「旦那の商売を支えすぎた結果、自分の方に振り向いてくれなかった」
「結婚して自分の仕事をしていても、ひとりの方が楽だと思った」
「結婚してから態度が変わった。家事や子育てに協力的ではない」
という話を聞くことがあります。

一家の衣食住を支えていく仕事と、家事や子育ては喜びも多い分、辛いことや大変なこともあるので、お互いが相手の仕事や価値観を理解し思いやりを伝えることはとても大切です。

寂しい、辛い気持ちが素直に言えない気持ちと、大丈夫!という自信の狭間である30代はなにかと大変です。

また「結婚」に焦っていた男性が結婚したとたん、誠実さが見えなくなったということは女性から見ると最悪です。
子育ての苦労が何倍にもなる旦那を育て直すという作業をする羽目になってしまいます。

また女性の場合も同じく、子持ちの友人が結婚するとき、結婚式場で花嫁姿で式の時間を待っている間「私はなぜここに座っているのだろう」と、疑問に思ったそうです。

彼女にしたら子供のためにと思う気持ちが結婚するという決心になったのですが、自分の幸せを考えると複雑な気持ちになったようです。

結婚後の自分の幸せを大事にするためにもお相手探しに妥協は出来ないですね!

幸せな結婚生活

幸せな結婚生活を送っている人はやはりお互いの時間を大切にし、一緒に過ごしている時間を楽しんでいるという感じがします。

旦那さんがスキーが大好き、奥さんは料理が大好きという夫婦がいますが、どちらかが自分の趣味趣向に巻き込むのではなく、それを楽しんでいるから相手が幸せという気持ちが大切のようです。

「自分が相手を幸せにする!」と意気込んでしまうと
「こないだは喜んでくれたのに今度は何故喜んでくれないの?」
という喜びと不満の間を行ったり来たりして疲れてしまいます。

私事ですが、サッカー好きの旦那が本場のヨーロッパサッカーを見た時の素晴らしい顔は私では提供出来ない!と心に思いました。

相手が幸せにしてくれている時間や物、趣味を尊重していると、一緒に何かを始めるときや行動するときはとても協力的になります。

引越しや旅行といったシーンでも段取り良く、快適に過ごせることでしょう。
一緒に協力して進めていくということは子育てではとても大切。

働きながらも結婚をしたいと思っている人のなかには
「子供を産みたい」と気持ちがある人が多いのではないでしょうか。
女性として生まれたからには子供を産む喜びを味わうことは素晴らしいことです。

結婚相手に求める要素のなかで、
「この人は優しそうで子煩悩風なのでいい父親になりそう」

といった良い人目線よりも、その人がどれだけ幸せに快適に過ごしているかという視点や、会話の面でも自然に話を聞く側にいてくれるかといった視点で見てみると素敵なパートナーが見つかるかもしれません。